東京から流されて川崎で配達すると、、

ウーバーイーツも日本上陸から早2年?が経ち、
東京は23区、横浜、川崎、大阪、京都、神戸、埼玉、そして千葉へと
どんどんとサービス提供エリアが広がっている。

さて東京南部の私は、はじめの頃は、頑張って渋谷まで行って
やっとエリアに入り、配車を待っていた。

今では、自宅でも配車の呼び出し音がなるよう。
渋谷まで行くことはほとんどなく、大岡山、奥沢、自由が丘
でも営業可能になった。

田園調布、奥沢あたりのピックからの配達では、
川崎市へのそれも珍しく無くなった。

川崎市で配達が終わったら、すぐに自由が丘まで上っていたのだが、
その日は、配達完了後、すぐに鳴った(配車の呼び出し音)ので
思わず受けてしまった。

まあ、都内まで戻る時間ももったいないし、いいかと
配達する。
するとそれが完了するとまた鳴った!

結構忙しいのだね>川崎。

や、やばい、武蔵小杉の向こうまで流されてしまった。

しかも、売上が最低記録を更新!

なんと、222円。


やっぱり、東京とは単価が違うのね〜。

このまま南下したんじゃ、たまらんとばかり
オフラインにして多摩川を渡り都内に戻る。

回数インセンティブで、10:30から15:00 で、9回完了。
しかし、インセンティブは4回分しかもらえず(泣)

9回のうち、2回が川崎だったので、東京は7回完了。
そのため、8回達成のインセンティブではなく
4回配達完了の400円のみ。

今後も、配達先が多摩川を超えることもあるだろう。
だがもう川崎では配達したら、速攻、都内へ戻ろう。
エリアまたぎの配達にはメリット無し!!

無駄に走って疲れるだけ、安くてまいったね。




Uber パートナーとして収入をゲットしています。

きっと、あなたも気に入るはず。

このリンクから登録できます


https://get.uber.com/p/eats-courier/?invite_code=takashis130ue






にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村







ウーバーイーツ ubereats_uber_saitei222.JPG

この記事へのコメント